バイアグラは輸入代行を行っている販売店でも購入可

バイアグラは通常病院で診察を受けてから処方される薬ですが、日本国内で薬を手に入れるということであればドラッグストアなどでも購入することが出来るでしょう。
ただバイアグラは併用禁忌を破ると重篤な副作用が出る恐れのある薬であるため、通常の販売店で手にすることは困難です。
ですがだからといって「バイアグラは常に病院に行かないと手に入らない」と言うわけでもありません。
そこで病院に行かずともバイアグラを手に入れる方法となってくれるのが「輸入代行を行っている販売店を介しての入手」です。
輸入代行とは海外の医薬品販売会社と直接連絡を取り、消費者が個人で購入をするというような方法になっています。
一部の劇薬指定がされている危険性の高い薬品で無い限り個人輸入は違法ではありません。
しかし実際に海外の会社と個人が直接やり取りをするとかなり面倒なことをしていかなくてはなりませんから、そうした手続きを代行してくれるのが輸入代行ということになるのです。
インターネット上の販売店では薬を販売しつつ、消費者のニーズに応じて輸入代行の依頼を受けるという形で事業を行っています。
そうした業者に依頼をすれば、バイアグラを病院に行かずとも安く手に入れることが出来るようになったのです。
ただしかし輸入代行で購入された医薬品に関しては国などから安全性が保障されているわけではないということは考えておかなくてはなりません。
調剤薬局などに流通する薬は間違いなく正規品でなくてはならず、そこに偽薬が紛れ込むことは困難です。
ですが個人輸入という手段だと海外の販売店から薬が届くわけですから、その海外の販売店が偽薬を販売していた場合、気付かずに服用してしまうリスクがあります。
そのためバイアグラを輸入代行などで入手する際には、本当にその販売店が信用に足るものかどうかということを慎重に考えなくてはなりません。